その73) 『3つの場所』で褒めてあげると 相手には必ず届くのです。

 

僕は 誰かを褒める機会があったときに 

 

一つだけ こころがけていることが あります。 

 

 

それは 『3つの場所』で 褒めるということです。 

 

 

例えば ある子の「いいところ」を見つけて 感動し   

 

それを本人にも伝えてあげたいと思ったら 

 

 

まず 「こどもたち」の前で 褒めてあげます。 

 

そして 「保護者」の前で 褒めてあげます。 

 

そして 「他の先生」の前でも もちろん 褒めてあげます。 

 

 

3つの場所で 褒めることにしています。 

 

 

実は これが もっとも相手の自尊心を高めてあげることができる 

 

褒め方なのです。 

 

 

あるご主人から ご相談があったときにも 

 

奥様を褒めてあげるなら 

 

「こども」の前 

 

「自分の両親」の前 

 

「奥様の両親」の前 

 

この3つの場所で褒めてあげてくださいと お伝えしたところ 

 

様々な問題が解決して 関係も良くなったようです。 

 

 

 

現場の保育士の先生を褒めてあげるとすれば 

 

こどもたちの前で 

 

他の先生の前で 

 

保護者の前で  を 薦めています。

 

 

 

保護者の方を褒めてあげるのなら

 

「こども」の前で

 

「他の先生」の前で   

 

「ご主人」の前で

 

 

 

どんなときにも どんな場面でも  そうしています。

 

 

 

人は 「誰かから褒めてもらうこと」も 嬉しいのですが

 

 

 

 

『自分の大切な人の前で 褒めてもらうこと』

 

 

実は これが 一番嬉しいのです。 (げんき) 

 

 

 

今朝の福岡は、雪が積もっています。

すべらないよう気をつけて 学校、そして職場へ向かってくださいね。

僕のうちの窓の外は まっしろです。(げんき)