その121) 小さなお弁当屋さんと大きなお弁当屋さんは 運営方法が違うのです。

 

 

小さなお弁当屋さんと 大きなお弁当屋さん 

 

 

どちらも 美味しいお弁当を作って みんなに幸せや笑顔を提供してくれます。 

 

 

もちろん パン屋さんでも どんな店でも 同じです。 

 

 

 

 

小さなお弁当屋さんも  大きなお弁当屋さんも 

 

 

想いは同じです。 

 

 

「みんなに 美味しいって食べてもらいたい。笑顔になって欲しい」 

 

 

同じ想いです。 

 

 

 

でも 

 

 

運営方法は 全く違います。 

 

 

お弁当の作り方も 材料の仕入れの仕方も 

 

仕込みの仕方も 全く違うのです。 

 

 

 

 

もし、1日に20個のお弁当を作るお弁当屋さんが 

 

 

1000人分のお弁当を頼まれたとしたら 

 

とても対応できません。精神的にも肉体的にも どうかなってしまいます。 

 

 

 

逆に 1日に1000食作る お弁当屋さんが 

 

もし 1日に10食しか発注がなければ 同じように 精神的にも肉体的にも 

 

やっぱり 不調になってしまいます。 

 

 

 

どんな仕事であっても 

 

マインドは同じでも やり方や手法は その対応人数によって変わってくるのです。 

 

 

 

相談支援も 実は 同じなのです。 

 

 

 

マインドは 同じであっても  対応のケース数が違えば やり方は 

 

実は 全く違うのです。 

 

 

 

1ヶ月に 50件の相談があるところと 

 

1ヶ月に 相談が1件あるかないかでは 

 

 

全く 相談のやり方は 変わってくるのです。 

 

 

 

 

 

1ヶ月に 1件しか 相談をお受けしたことがなければ 

 

ある月に 13件あったとしたら もう パニックです。

 

 

でも 1ヶ月に50件 相談をお受けしていれば

 

13件は 楽にスムースに流れるように ケース対応できます。

 

 

 

 

研修会場には たくさんの方が いらっしゃいます。

 

 

状況は 全く違うのです。

 

 

 

研修で必ず伝えなければならないこと

 

 

 

それは  「マインド」と「手法」は 違うのだということを

 

しっかりとお伝えすることなのです。

 

 

 

 

「マインド」は 参加者全員 共通です。

 

 

でも「手法」は 参加者によっては 全く違うものなのです。 (げんき)

 

 

 

 

 

ゴールデンウィークですね。

今月は15日から2日に1回 研修なので、今日から6日までは しっかり休みたいと思います。

携帯にもパソコンにも触らずに 思い切りリフレッシュしたいと思います。(げんき)