その955)「保育現場のハラスメント対策研修」の内容について

 

 

2020年6月から「パワハラ防止法」が施行されたこと。ご存じですか?

 

 

大企業では 2020(令和2)年6月(今月)から、

 

中小企業では 2022(令和4)年4月1日から 対応が義務付けられます。

 

保育所では、2022年(令和4年)4月1日から「対応」が義務化されます。

 

 

このサイトは「保護者支援」のサイトなので、

 

「保護者支援」についての内容を書いているので「研修」についても「保護者支援研修」のお問合せが多いのですが、

 

 

 

今年(2020年)の研修依頼で、最も多いのが、

 

実は、「保育現場のハラスメント対策」について です。

 

保育者向けというよりも、管理者向けの「ハラスメント研修」です

 

 

 

このお問合せの多さから 「社会の意識変化」を感じることができます。

 

 

 

 

なぜ?「ハラスメント研修」の実施の必要性があるのか?

 

 

 

それは、ほとんどの場合が 「無自覚パワハラ」だから です。 

 

 

 

「パワハラという意識を持っていない」

 

「本人には そんなつもりも、自覚もない」

 

 

こうしたケースが ほとんど だからです。 だからまずは「認識」してもらうことが大事なのです。

 

 

 

 

一般企業と「保育現場」で「ハラスメント」の内容は、どう違うの?

 

 

と よく質問を受けるのですが、

 

 

よく 耳にする「パワーハラスメント」もあれば、「セクシャルハラスメント」もあります。

 

妊娠・出産、子育てに関する不当な嫌がらせの「マタニティ・ハラスメント」もあります。

 

 

 

そうしたものが、

 

「職場内」だけでなく、時には「保護者」との関係の中で起こることもあるのです。

 

 

それは、「どちらが どっち」という問題ではなく、

 

 

「保護者から 保育者へ」もあれば、「保育者から保護者へ」もあります。

 

もちろん「職場内で」が最も多いのですが。

 

 

 

 

僕のところの「親と子のメンタルヘルス研究所」は、

 

提携園の保護者の方の「外部相談窓口」の役割も行っていますが、(もちろん、保育者向けもあります。)

 

 

意外と多い、保護者からのご相談が、

 

「先生のこの言葉は、ハラスメントにならないのですか?」 という相談です。

 

 

保育者が言った「言葉」を「ハラスメント」と受け取っているケースもよくあるのです。

 

 

 

 

 

僕は、労働局の雇用均等室に勤務していた時期があり、

 

その時は、「育児休業・介護休業トラブル防止指導員」という業務にあたっていたのですが、

同じ部署が「ハラスメント対策部署」だったので、よく学んだ記憶があります。

 

そうした経験や、もう一つのEAPの会社では、企業内の「外部ハラスメント相談窓口」を行っています。

 

もしご興味がある方がいらっしゃれば「保育ストレスチェック」のページをご覧頂けたら幸いです。

 

 

そうした経験から、ここ数年は「ハラスメント研修」の研修依頼が多くなってきました。

 

 

 

「保育現場のハラスメント」研修では、「研修実施」だけでなく、

 

3つの柱があります。

 

 

①「管理者向けチェックリスト」のご提供

②「職員向けアンケート」の実施

③「外部相談窓口」の設置

 

 

この3つです。

 

 

 

「保護者支援」の研修とは違い、

 

「ハラスメント」の研修では「外部相談窓口」設置は、重要です。

 

もちろん、研修には「外部相談窓口サービス」が付いています。(ご希望の方のみ)

 

 

 

「保育現場でのハラスメント対策研修」のページは、

 

7月にはこのサイトにも追加予定です。 (げんき)