プロフィール

今までに1度も聞いたことのない「セラピー技術」をお話しいたします。

相談支援の現場経験から生まれた「再現性の高い」ことばがけ技術 とオリジナルの「セラピー技術」を保育士の先生に、わかりやすく お伝えしております。

岸本 元気- Genki Kishimoto -


ダウンロード
講師プロフィールダウンロード
委員会等での打ち合わせの際にご利用ください。
講演者プロフィール2024【岸本元気】.pdf
PDFファイル 298.8 KB

「メンタル不調時の子育て支援」に特化した「保育相談支援」の専門家。

岸本 元気- Genki Kishimoto -

 

保育ソーシャルワーカー(保育士・精神保健福祉士)

ことばがけコンサルタント

・保育職場環境整備コンサルタント

 

 1967 年3月  福岡県生まれ。(57歳)

 

合同会社ソシアルプラン 代表社員(企業内メンタルヘルス支援・ストレスチェック事業運営会社)

※親と子のメンタルヘルス研究所は、合同会社ソシアルプランが運営しております。

親と子のメンタルヘルス研究所所長(メンタル不調の保護者の子育て支援を行う機関)

 

 

 幼少期に親元を離れて暮らした経験を持つが、その際に多動傾向と衝動性が強い「ADHDの特性」を持っていた事から「愛着形成」がうまくいかず「愛着障がい」の傾向を持ったこどもとして育つ。

 

その後も大人になるまで「生きづらさ」を常に感じる状況が続き、30歳の頃に頻繁にパニック発作を発症するようになり「パニック障害」「不安神経症」と診断される。

 

治療時に受けた「認知療法」で認知の歪みが修正されつつも解消できない不安感が常につきまとい、その不安に対処するため『感情』を手放す「独自の感情開放技法」を自ら行い「パニック障害」「不安障害」だけでなく「ADHD特性」「愛着障害特性」さえも完全に克服した経験を持つ。

 

「不安」と「恐怖」を取り除く(メンタルブロックの開放)を得意とする。

 

その後32歳の時に保育と精神保健の分野から声が掛かり、自分自身の体験から生まれた「独自の視点」で「発達障がい」「精神障がい」を研究し、独自の「認知行動療法」を開発。保育・教育・医療現場で現在活動している。

 

特に「愛着障がい」「発達障がい」「不安障害」のこどもたちのセラピー(認知行動療法・場面行動療法・行動活性化法)と同時にその保護者の「感情開放療法」に力を入れている。

 完全予約制のため年間のセラピー人数が限られており、1年以上前からご予約されるご家族も多い。  

 

【専門支援:保護者と保育者】

 

①メンタル不調(うつ病・不安障害・パニック障害)を抱えて子育て中の保護者」の方への「認知行動療法」「感情開放療法」「対人関係療法」

 

②ADHD傾向があり、不安障害・パニック障害を抱える「保護者」また「保育者」の方への「認知行動療法」「感情開放療法」「対人関係療法」

 

③メンタル不調または発達障害の傾向があることで「子育て」に難しさを感じる保護者」への「認知行動療法」「感情開放療法」(虐待・DV当事者ケアも対応)

 

④メンタル不調または発達障害の傾向があることで「保育業務」に難しさを感じる保育者」への「認知行動療法」「感情開放療法」(不適切な保育・虐待当事者ケアも対応)

 

親と子のメンタルヘルス研究所」は、親と子と先生のためのメンタルヘルス支援を行う「相談支援機関」です。日本全国対応しています。

 

(お知らせ)

2024年の秋に「人間関係の問題やメンタル面での不調で一度退職された方で、保育現場に復帰を考えている保育士の資格を持った個人の方」のための「保育現場・リワークセミナー」をオンラインで開催予定です。講師は、岸本元気が担当いたします。詳しくは、こちらのブログ記事をご覧ください。記事はこちら

 

 

【専門保育士の養成】

 保育者研修では、「ことばがけ」や「保育ソーシャルワーク」「保育相談支援」「気になる子の対応」「保育者のメンタルヘルス」などをテーマに全国で研修、講演活動を行なっています

 

「2025年問題」と共に将来的に「保育者」は『さらなる専門性』が必要になる時代が必ずやってきます。

 

親と子のメンタルヘルス研究所では「発達に関してのセラピー技術」と「保護者のメンタルサポート技術」2つの専門技術が使える『専門保育士』の養成に力を入れています。

 

2024年度研修から新たな方向性でこれまでの「研修スタイル」から「ステップアップ研修」スタイルに変え、保育者に「実践技術」をご提供しています。

 

※「ステップアップ研修」は2024年度研修と連続しています。2024年度研修をお申込みの方のみ「次のステップ」の研修を受講することができます。

 

【活動の3つの柱】

   

■メンタル不調を抱えた保護者と保育者、こどもたちの支援

メンタル不調(うつ病、パニック障害など)を抱えて子育てをしている保護者の方、保育者、また発達面・行動面で気になる点を持つこどもたちに特化した「認知行動療法」を行う専門職として活動しています。

 

保育者に特化した「メンタルヘルス支援」を行っている数少ない「保育者専門のメンタルヘルス支援機関」として全国で多数の支援依頼を受けている。

 

 

■「虐待」「DV」の当事者への「認知行動療法」と生活支援

また数少ない「虐待」「DV」の当事者に対する「認知行動療法」「対人関係療法」を行うセラピストとして、医療機関や行政機関と共に支援活動も行っています。(専門分野:虐待を受けたこどもたちへの認知行動療法とその保護者への認知行動療法)

 

■「こどもの貧困」をなくすための保育ソーシャルワーク活動

「保護者のメンタルサポートを通して、こどものくらし・経済的な困窮(こどもの貧困)をなくす」をモットーに日々、相談支援活動を行っており、全国から保護者やそのご家族からのお問合せも多く、常に50名以上のサポートを行なっています。

 

 保育者研修では、「ことばがけ」や「保育ソーシャルワーク」「保育相談支援」「気になる子の対応」「保育者のメンタルヘルス」などをテーマに全国で研修、講演活動を行なっています

 

   

現職


親と子のメンタルヘルス研究所
 所長

合同会社ソシアルプラン 代表社員

 

 

著作・連載


・チャイルド社月間保育プラン『元気さんの親と子のこころをつなぐ24の方法』連載(2003年)

・明治図書出版 若手保育者の指導力アップ『こどもがすくすく成長する 0・1・2歳児の魔法の言葉がけ』 

・ベネッセ ひよこクラブ2010年4月号『やさしい心が育つにこにこ遊び始めよっつ』 読み聞かせ・遊び指導

・ゆめのはこ 2011年6月号(25号)『こんなとき、どうする?ママの話し方・聞き方、コミュニケーション術

・明治図書出版 『こどものこころをグッとつかむ魔法のお話』    

・風鳴舎『保育士・幼稚園教諭のための保護者支援』 永野典詞・岸本元気  

 

 

保護者支援
0・1・2歳児の魔法の「言葉がけ」
こどものこころをグっとつかむ魔法のお話


オリジナルキャラクター げんきっず(おさるの3兄弟)

ゲンキッキ(おにいちゃん)

ゲンキッキ(お兄ちゃん)

ユウキッキ(弟)アイアイ(妹)


げんきっずのお父さん(もちろん、僕です)